Blog

独断と偏見で選ぶ 〜梅雨にオススメのスポット〜

  • 2016.7.5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんばんは、Cristalvidaです!
梅雨に入り、雨の日が増えてきましたね。
休日も、外に出かけるのが億劫になってしまいがちです。
そんな、梅雨の日にオススメのレジャー施設を、独断と偏見で4つ選びました!
ちなみにこの4つは、読者様の多い地方から選んでます。
是非皆様のお出かけの参考にあればと思います。

江戸東京博物館


まずは、東京からのご紹介です。
大江戸線の両国駅から徒歩1分、両国国技館の隣にあります!
とっても大きい博物館です。
私も一度行ったことがあるのですが、あまりの大きさにちょっと怖くなってしまいました。
どんなところ?
江戸東京博物館の名の通り、江戸時代から現在の東京の歴史を学べる博物館です。
ジオラマや実物の展示が多くあり、直感的に歴史がわかる様になっています。
展示物の中には、決められた時間に動き出す物も有ります。
楽しみ方!
それぞれ、ご自身のペースで見て回るのも楽しいですが、
私のオススメは、入り口のところにいらっしゃる、無料のガイドを頼むことです!
均等に見て回れるように調節してくれて、言葉で解説して下さいますので、
展示の文字をあまり見ることなく、スムーズに見て回れます!
また、ガイドさんは展示物が動く時間を把握してますので、
その時間に連れて行ってくれるんです!
私が案内してもらったときは、特等席を確保して下さいました!
まさに「」なサービスです!
更に詳しく知りたい方は「こちら」から公式HPをどうぞ。

横浜美術館


                                      photo by umelog
次にご紹介するのは、「横浜美術館」です。
JR桜木町駅から、動く歩道で徒歩10分ほどのところ、ランドマークタワーの隣にあります。
どんなところ?
左右対称の外観で、横に長くとても迫力があります!
また、吹き抜けのグランドギャラリーや
10万冊以上の蔵書がある美術情報センターなどが魅力です!
1年間の間に、テーマがいくつも変わり、飽きることのない美術館です。
楽しみ方!
明日6/25〜9/11まで、「メアリー・カサット」展が開催されています。
「メアリー・カサット」はペンシルヴェニア州生まれの印象派の画家です。
パリで古典絵画の研究をし、印象派の画家になりました。
メアリー・カサットの大きな展覧会が行われるのは実に35年ぶりのことだそうです。
光や空気の変化をとらえたと言われる印象派の作品を是非ご堪能下さい!
また、近くには「赤レンガ倉庫」や「ランドマークタワー」等もあり
一日楽しめますので、是非そちらにも足をお運び下さいね!
更に詳しく知りたい方は「こちら」から公式HPをどうぞ。

国立国際美術館


次は、大阪より「国立国際美術館」です。
京阪中之島線 渡辺橋駅より徒歩5分ほどのところにあります。
どんなところ?
まず、外観に特徴があります。
竹の生命力をイメージしているそうです。
また、美術館としては珍しい、完全地下型の設計となっています。
地下三階まである展示室では、年間で幾つか入れ替えを行い展示されています。
楽しみ方!
現在は、入れ替え中のため常設展示のみとなっております。
7/5より「始皇帝と大兵馬俑」が特別展として地下三階に展示されます。
写真は載せられませんが、迫力の兵馬俑軍団と記念撮影できるエリアや、
細部まで表現された、始皇帝の乗った馬車の模型などが展示されるようです!
また、大阪市立科学館も隣接していますので、一日飽きることなく楽しめます!
更に詳しく知りたい方は「こちら」から公式HPをどうぞ。
また、「こちら」より大阪市立科学館のHPもご覧頂けます!

大塚国際美術館


                                      photo by かがみ~
最後は、徳島より「大塚国際美術館」です。
徳島駅からはバスが出ておりますが、70分ほどかかります。
車ですと、神戸淡路鳴門自動車道の鳴門北インターより3分ほどで到着します。
どんなところ?
とても大きく、地上3階、地下5階と一日では回りきれないほどです!
また、珍しい点として、展示物が全て「陶板名画」ということです。
これは、陶器の大きな板に、原画を忠実に再現した物で、本物ではありません。
楽しみ方!
先ほど「本物」ではないと申し上げ、少しがっかりされる方もいると思います。
しかし、そのおかげで多くの美術館でありがちな、近くで見られない!といったことがないのです。
間近で見られて、さらに触れることもできるんです!
なかなか見ることの難しい作品達を、このように見られるのはこの美術館ならではですね。
また、音声ガイドや「iPod touch」を使用した「アートタッチ」なる鑑賞ガイドも有り、
多くの人が楽しめる場所となっております。
詳しくは「こちら」からどうぞ。
行ったことがある方もそうでない方も、
新しい楽しみ方を見つけに行ってみてはいかがでしょうか?
個人的には「大塚国際美術館」、とても気になりました。
この記事を参考に、楽しい梅雨を過ごして頂けたら幸いです。
本日もありがとうございました!

関連記事

商品ラインナップ