Blog

水質汚染について考えましょう!

  • 2016.6.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、Cristalvidaです!
前回大気汚染についてご紹介しましたが、
本日は水質汚染について考えてみたいと思います。

当たり前のように水を使っていませんか?

蛇口をひねれば綺麗な水が出て、飲んだり、料理に使ったり、お風呂に使うことができてます。
日本では、当たり前ですが、他国ではそうはいきません。
煮沸消毒をしたり、泥水を使っている国もあります。
日本では、浄水場が完備され、
下水処理施設もしっかりしていますので、問題なく安全な水が
当たり前のように使えます。
これらのことを当たり前と思って生活していると、
水質汚染についてあまり考える機会がないかもしれません。

身近なものが水をどのくらい汚しているか?

では、身近な水質汚染の原因について幾つかご紹介しようと思います。
食品
毎日の料理では、様々な排水が行われます。
米のとぎ汁、食べ残し等の汚染原因がたくさんあります。
例えば、米のとぎ汁(500ml)を魚が住める位綺麗にするには、
400ℓもの水で薄める必要があると言われています。
とぎ汁は栄養分が豊富なので、植物の水やりに使用すると
排水が減らせますね!
シャンプーや石けん
お風呂では、シャンプーや石けんが排水されています。
例えば、シャンプーは2プッシュ(6mℓ)程使うと、270ℓの水が必要です。
以上のように、少しの汚れを綺麗にするにも
大量の水が必要になってしまいます。
このブログを読んで下さっている皆様一人ひとりが
無駄を無くし、汚染物質の排出を減らすことで、多くの汚染水を減らすことができます!

当店の取り組み

当店では、汚染物質の少ないシャンプーや、汚染物質を減らすローションを
販売することで、水質汚染の改善に努めています。
「THE SHAMPOO」は一般的なシャンプーに比べ、約70%汚染物質が少ないです。
また、「THE PROTECT LOTION」を美容室で使用するカラー剤に混ぜると約70%、
パーマ液に混ぜると約40%汚染物質を減らすことが可能です!
特に「THE PROTECT LOTION」は食器用洗剤やご自宅でのカラー剤にも
混ぜて使用することができますので、これを使うだけでも多くの汚染物質の減量になります!
いかがでしたでしょうか。
普段何気なく使っている水ですが、綺麗にするまで大変だと言うことがおわかり頂けたと思います。
これからは使いすぎたり、作りすぎたりしないようにして
水質汚染を防いでいきましょう!
本日もお読みいただきありがとうございました!

関連記事

商品ラインナップ