Blog

正しいダイエットを行って、夏までに理想のボディに!〜食事編〜

  • 2016.6.6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Cristalvidaです。
暑かったり、肌寒かったりの日々が続いてますが、着々と夏に近づいてる気がします。
本日は、夏までに痩せたい!、種類が多くてどのダイエット法がいいのかわからない!
という皆様へ少しでも参考になればと、幾つかのメジャーなダイエットの
メリット、デメリットについて紹介していきたいと思います。
まず、ダイエットの種類ですが、端から端まで紹介していくときりがないくらい多くあります。
テレビ番組や雑誌などでは、毎日のように違うダイエット法が紹介されていると思います。
私なりにダイエット法を次のように分類してみました。
・食事法
これには、糖質制限ダイエットや断食(=ファスティング)などが該当します。
また、ダイエットに良いとされる食品を摂ることもこれにあたります。
・運動法
これは、有酸素運動や筋トレといったトレーニングを行うことが該当します。
その他にも特殊なものがあると思いますが、今回は割愛させていただきます。
さて、ダイエットを始めようと思った時に、まずすることは何でしょうか?
きっと多くの方は、どんなダイエット法が一番効果があって、短期間で痩せられるのか
これについて調べると思います。
ですが、どんなダイエット法をするにしても、まず疑うところから始めるべきだと思います。
あの芸能人はこれで痩せた、友人からこんな方法をお勧めされたなど、理由も様々だと思いますが、
そのダイエット方法の危険性についてしっかり理解をした上で、
きちんと手順を守って行わないと、効果が出ないどころか、かえって不健康になってしまいます。
では、よく聞くダイエット法のメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。
・糖質制限ダイエット
こちらは、某ダイエット専門企業も取り入れていて、かなりメジャーなダイエット法だと思います。
糖質には、砂糖などの甘い成分のほか、でんぷんなどの炭水化物も該当します。
糖は脳の栄養分としても知られ、体に必須なものです。
しかし、取りすぎて使い切れないとインシュリンの作用によって、体へと蓄積され、
脂肪となってしまい、結果として肥満になってしまうのです。
糖質を制限することによって、体はエネルギーを体脂肪から生成します。
そのため短期間で痩せられるというのが、メリットになります。
しかし、筋肉からもエネルギーを生み出すため、筋肉量が減ってしまうというデメリットもあります。
また、ダイエットが終わった後も注意が必要です。
脳が飢餓状態にあると判断し、なるべく栄養を蓄えようとしているため、リバウンドの危険性が高くなります。
結果として、このダイエットを行う場合は、バランスが大事だということが言えます。
むやみに糖質摂取を0にするのではなく、少なくして、他の栄養素(タンパク質など)を
積極的に摂取していくことで健康的に痩せられる可能性があります。
・断食(=ファスティング)
ファスティングは、短期間で痩せる、体が健康になる等で話題のダイエット法です。
短い期間(一般的には3日程度)食事をとらず、水や酵素、専用のドリンク等のみを摂取するというものです。
これにより、腸内の宿便(=便の残り)が出て、腸内環境が正常化され、免疫力も上がります。
また、それ以外の体の器官からも毒素が抜け、体が健康になるとされています。
その結果、体重が正常な状態へと戻っていくのです。
しかし、良いことばかりでもありません。
日数は少ないながら、断食を行う為、一時的に免疫力が下がったり、頭痛など体に異変がでることもあります。
しっかりと準備食(ファスティング前の食事)を摂って、体を慣らす必要があります。
さらに、ファスティング後は回復食(ファスティング後の食事)を摂り、
休んでいた胃腸に刺激を与えないようにしなければなりません。
以上のことを踏まえますと、ファスティングはルールを守り、
無理をせず、慎重に行うことが重要と言えます。
また、ファスティング中に摂取する酵素もよく調べ、吟味すべきでしょう。
心配な方は、医師に相談したり、ファスティングを専門で行っているところもあるので
決して自己判断、独学では行わず、相談するようにしましょう。
本日は、ここまでとさせていただきます。
明日は、運動編を更新いたしますので、是非ご覧ください!
腸内環境については、当店の「BEN AWAY」がオススメです。
天然植物より抽出したエキスにより、穏やかに整えていきます。
合わせて商品ページをご覧くださいね!
また、この製品についてのご質問、ご相談はお問い合わせページより
随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください!

関連記事

商品ラインナップ