Blog

日焼け対策は万全ですか?

  • 2016.5.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Cristalvidaです!
最近毎日のように暑い日が続いてますね。
日焼け対策をきっちりなさっている方も多いとおもいます。
対策をしないと、あっという間に赤くなり、ヒリヒリと痛みますよね。
肌も日焼けして茶色くなってしまったり、シミができてしまったり。。。
とにかく対策が必要ですよね。

日中繰り返し使用する、日焼け止めクリーム。
適切な使用は、製品によっても異なりますが2時間、3時間おきに1度塗り直した方が良いとされています。
普通に生活している方であれば、SPFは低めの方が肌に負担もかかりません。
この記事の最後に、あなたにあった数値を選ぶコツを記載しますので、よかったら参考にしてみてください。

まず、クリームを塗る前にお肌のコンディションを整えることが重要です。
化粧水やローション等を使用して、下準備をしてくださいね!

次にクリームを塗っていきますが、なるべくムラなく均等に塗ります。
この時、塗りこみすぎないように注意してください。あくまで優しく。
できれば、この後2度塗りを行うと、さらに効果が期待できます!

後は2〜3時間おきに塗り直しを行えば、対策は完璧と言えるでしょう!
お家に戻ってきたら、クリームを落としましょう!
落とす方法は、クリームによって異なりますので、注意が必要です。
共通して言えるのは、力を入れずにゆっくり、残らず落とすことです。
そのあとは、化粧水やローションで再び肌のコンディションを整えて完了です。
以上、日焼け止めクリームの正しい使い方でした。案外普通でしたね。
ここで、紹介です!当店で好評発売中の「THE PROTECT LOTION」
もともとサロン向けに開発されたローションなのですが、多くの方からご好評をいただいており、
是非、多くの方々に使用して欲しいと考え、当店での取り扱いが実現しました!



これを、日焼け止めクリームに混ぜ、使用していただくことで、クリームの効果はそのままに
お肌へのダメージを防ぐことができるという商品です。
また、それ以外にも、ヘアカラー剤やシャンプー、食器用洗剤などなど、
お肌に使うものに混ぜていただくだけで、有害物質を中和し、栄養素だけを届けてくれるという画期的なものです!
男性の方のシェービングローションとしてもご利用いただけます。
夏本番目前、この機会にぜひお試しくださいね!

宣伝失礼いたしました。

以下は、冒頭でご紹介した、日焼け止めクリームの数値の意味になります。
ぜひ参考にして、適切なクリームを使いましょう!

SPF(サン・プロテクション・ファクター)
そばかすやシミ、赤い斑点や皮膚ガンの原因となるUVBをカットする能力値です。
一般的に、赤い斑点が20分程度で出てくる方を基準として、それを〇〇倍に伸ばせるかという意味です。
例を挙げますと、SPF50の場合、20分×50(SPF50)=100分となり、1000分=約16時間カットできるということを表します。
16時間もの間、日光に当たり続ける人はなかなかいないと思いますので、
SPF50がいかに高い数値かがお分かりいただけたと思います。

PA(プロテクション・グレード・オブ・UVA)
肌が赤くなったり、皮膚が黒くなる原因のUVAを防止する能力値です。
こちらは具体的な数値ではなく、以下のようになっております。

PA+       UVAを防ぐ効果がある
PA++        UVAを防ぐ効果がかなりある
PA+++      UVAを防ぐ効果が非常にある
PA++++       UVAを防ぐ効果がかなり高い

これらの数値は高ければ高いほど、能力は高いですが、肌へのダメージも大きいので

適切なクリームを使うことをお勧めします!

以上、長文お付き合いありがとうございました。

関連記事

商品ラインナップ