Blog

オーガニックを超える

  • 2015.11.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックとは、有機栽培のことです。
本来は、農薬や化学肥料といった人間の手で作られた薬品等を使用せずに、
自然の恩恵のみで植物等の栽培をするという意味です。
今の世の中では、多くの人がオーガニック=安全、リスクのないものと思っているかもしれません。
商品自体にオーガニック、有機栽培等の表示をするには、有機JAS規格に認定されなくてはなりません。
有機JAS規格とは農林水産省によって定められた規格で、厳しい審査をクリアした製品に与えられるマークです。
しかし、商品の広告に限っては、有機JAS規格に認定されていなくても、「オーガニック」等の表示ができるのです。
その他にも、JAS認定の農薬であれば使用して良いなど、知られていないことも多いと思います。
確かに一般の製品よりは安全です。しかし、過信は禁物なのです。

それを踏まえ、弊社のローズオイルをご紹介いたします。
原料は、イラン産のローズです。これは原生するローズで、栽培されているものではありません。その為、肥料等を一切使わず雨水のみで成長しています。
それ故に、野生としての力が強く、他国の栽培されたものより成分が濃いものとなっております。
また、抽出する際も水のみを使用し、化学薬品は一切使用していないと証明されております。
市場に存在する多くの商品は、その原料を抽出する際に使用する薬品について言及していないことが多くあります。
弊社のローズではそこからこだわり、完全無添加、特別なオーガニックを実現しました。

関連記事

商品ラインナップ